読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

最近読んだ本

またひさしぶりの更新です。ここ半年くらいのリストです。(4月4日京セラドームの阪神ヤクルト戦を観てきました。そう、バレンティンと矢野コーチが退場になった試合です。いろいろ伏線のある両チームですが、藤浪君はノーコン病を克服して大エースの道に舞…

最近読んだ本

高校入試 (角川文庫)作者: 湊かなえ,フジテレビジョン出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店発売日: 2016/03/10メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見るゲーム性の高いミステリーかなと思ったけど、どちらかというと人間ドラマに重きがおかれた小説な…

コリジョンルール

昨夜の阪神巨人戦でコリジョンルールが適用され、ホームアウトでチェンジの判定が審判団の協議により覆ってしまいました。 背景 コリジョンルールは本塁でのキャッチャーとランナーの衝突を避けるために今季から導入されたルールです。このルールの本質は選…

最近読んだ本

夢幻花 (PHP文芸文庫)作者: 東野圭吾出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2016/04/07メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見る東京五輪時代の大量殺人事件、バンド仲間の自殺、祖父の殺人事件、黄色い花の謎。時代の異なる複数の事件がミステリー感を…

[伊坂幸太郎] サブマリン

サブマリン作者: 伊坂幸太郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2016/03/30メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 『チルドレン』から、12年。家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。 家裁調査官の陣内と後輩の武藤との掛…

最近読んだ本

望郷 (文春文庫)作者: 湊かなえ出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2016/01/04メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る「石の十字架」、「光の航路」か良かった。後書きによると作者の故郷、因島が舞台だそう。因島大橋が所々で登場する。閉じた社会…

2016開幕戦

賭博、金銭授受問題など暗い話題が続いたプロ野球も無事に開幕を迎えました。我らのタイガースは5-2と中日ドラゴンズに完敗しましたが、高山、横田のフレッシュコンビなど輝く未来を予想させる顔ぶれを見れて良かったです。 次は4月8日の広島戦(甲子園球場…

山寺

11月前半、山形出張の空いた時間に「山寺」に立ち寄ってきました。その名のとおり、山にある寺です。往復1時間半くらいでよい運動になりました。観光地らしく中国人の団体やサラリーマンらしき人たちもいましたよ。

最近読んだ本

ホテルローヤル (集英社文庫)作者: 桜木紫乃出版社/メーカー: 集英社発売日: 2015/06/25メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見る 北国の湿原を背にするラブホテル。生活に諦念や倦怠を感じる男と女は“非日常”を求めてその扉を開く―。恋人から投稿ヌ…

祝・金本知憲監督

S真中監督の天然ボケのせいでドラフト会議でのくじ引き勝利のド派手デビューは逸した感がありましたが、阪神監督に金本アニキが就任しました。 一気に若返った感じのコーチ陣です。ほとんどのコーチの現役時代を知るようになったので年を取ったんだなー、と…

[川村元気] 世界から猫が消えたなら

世界から猫が消えたなら (小学館文庫)作者: 川村元気出版社/メーカー: 小学館発売日: 2014/09/18メディア: 文庫この商品を含むブログ (13件) を見る 郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で…

最近読んだ本

最近読んだ本、といっても1年ぶんくらいありますが・・・。 起終点駅(ターミナル) (小学館文庫)作者: 桜木紫乃出版社/メーカー: 小学館発売日: 2015/03/06メディア: 文庫この商品を含むブログ (3件) を見る途中かなり気が滅入りそうなくらい暗い物語があったり…

築地大橋

築地大橋(東京都):鋼3径間連続中路式アーチ橋:橋長 245m、支間長 50m+145m+50m。現在は橋面工事中です。2014年5月8日に大ブロック架設が行われました。この橋は勝鬨橋の下流側、つまり隅田川の最下流に位置します。まだ近づけないので視点場が少な…

自分のスタイルを変えること

今日は勝てば3位&CS進出決定の試合でしたが、黒田に完璧に抑えられ6-0の完敗、CS進出は7日の広島中日戦の結果待ちとなりました。また、関本選手の引退試合でもありました。藤浪の涙、福原の涙いろいろ思いの詰まったシーンでしたね。場内一周では広島ファン…

杉谷川橋

杉谷川橋(滋賀県):PC6径間連続ラーメン波形鋼板ウェブ箱桁橋:橋長445m、最大支間94m。この橋は新名神高速なのですが、名古屋方面を走っていたときに右手に下り線が見えてフランジのコンクリートは見えず波形ウェブだけだったので気になっていて先週末の…

伊坂幸太郎fanのためのページ

伊坂幸太郎ファン必読のページを発見。メモメモ感想|伊坂幸太郎さんの本を読む【紙飛行機ドットコム】 伊坂幸太郎さんの言葉集【本棚のしおり】

インフィールドフライ

野球のルールのなかでも判断が難しいのが「インフィールドフライ」。打球が上がってから早いタイミングで審判が「インフィールドフライ」を宣告するのですが、その宣告が選手に伝わらないのが問題ですね。選手はボールを一生懸命に追うので審判の声が聞こえ…

鷹揚に構える様式美

森友哉・清宮幸太郎が好球必打な訳。イチローと古田敦也が作った「時代」。 元ミスタータイガース掛布雅之の初球打ちはほとんど見た記憶がないです。看板四番打者には長い時間打席にいて欲しい、という興行的な視点もあるはず。ヤクルト古田の配球革命から初…

開幕サヨナラ勝ち!

2015シーズンが開幕しました。 中日先発の山井に抑えられてたけど、二番手又吉をクリンナップが連打で同点として、延長10回裏にマートンが遊撃手の頭上を越すサヨナラタイムリーヒットで見事に開幕戦を飾りました。 幸先良し(^O^)/

愛逢橋

愛逢橋(佐賀県):木製トラス橋:橋長62.7m、支間長45.6m:木橋資料館というサイトにもありました。埼玉県に同じ形式のトラス橋があります。その名前も「あいあい橋」。同じ設計事務所による作品でしょうか。

南河内橋

南河内橋(福岡県):レンズトラス橋(正式名はレンティキュラートラス):橋長133m、支間長66m。現存する唯一の構造だそうです。大昔にアメリカで流行った形式で日本でも作られたのでしょう。力学的な合理性は少ないと思いますが、ユニークな外観が受けたの…

新井さん、広島へ帰る!

人生には3つの坂がある。上り坂、下り坂、それと「まさか」新井が阪神タイガースを自由契約になって古巣広島カープへ帰っていきました。FA宣言で出たチームに戻るってどういうことや。 それはともかく阪神での7年間おつかれさまでした。優勝するために阪神…

切羽、発破

切羽に穴を開けてダイナマイトを装填し発破。支保工を建て込んで吹き付けコンクリートで成形、ロックボルト打ち込み、また発破して・・・、これがNATM工法だ! 前回の切羽 切羽 - Yasublog

ミロードデッキ

ミロードデッキ(東京都):新宿駅前の甲州街道を横断する歩道橋トラスです。デッキから新宿駅に吸い込まれる人の多さに驚きます(笑)。 デッキから東を望む デッキから西を望む

新宿跨線橋

新宿跨線橋(東京都):鋼床版鈑桁:見てのとおりとても薄い橋で、その分主桁本数が多いです。新宿駅の東西を行き来する甲州街道(国道20号)です。3年ほど前に架け替えられた橋で、通行止めができない重要路線のため幅員30mを3分割で架設されたようです(ケ…

まさかの守備妨害で終戦、阪神日本一ならず!

福岡で日本シリーズ7連敗!勝てませんね~。でも10月末に阪神の試合を見れるのは2005年以来9年ぶりなので楽しめました。 最後の終わり方が「まさか」の3乗くらいの感じだったので、後味の悪さが残ったのは確かです。一部で西岡の守備妨害に批判が集まってい…

由利橋

由利橋(秋田県):斜張橋:橋長190.5m。「おらが町に斜張橋がやってきたぞー♪」、この由利橋はなんと道路橋としては秋田県初の斜張橋!だそうです。「スタバのない県」とか同列で「吊橋がない県」とか知ってたら酒場でのいいネタになるかも(笑)。2013年1…

9年ぶりの日本シリーズ進出!

阪神ファンのみなさま、おめでとうございます!レギュラーシーズン終盤の失速した同じチームとは思えないくらい強かった!複数人ものタイトルホルダー(打撃王マートン、打点王ゴメス、最多勝メッセンジャー、セーブ王オスンファン、ホールド王福原/王様だ…

青海・台場クロスウォーク

東京お台場にあるフジテレビ本社。その角の交差点にある横断歩道橋は鋼床版箱桁橋で約1000トンもある八の字をした新たなランドマークです。ドーリーによる夜間一括架設も見どころでした。見てないけど。見下ろす位置から取りたかったのですが、残念ながら無…

庭付きの橋

大阪なんばに庭付きの歩道橋があります。その名も「浮庭橋」言います。先日久々に近くを通ったので観てみたらお庭がだいぶ成長してて面白かったです。

[道尾秀介] 向日葵の咲かない夏

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)作者: 道尾秀介出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2008/07/29メディア: 文庫購入: 12人 クリック: 164回この商品を含むブログ (309件) を見る 夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。…

切羽

トンネル用語に「切羽」という言葉があります。「きりは」と読むのですが、何を表すかというとトンネルを掘るときの先端のこと。掘り進めるためにドリルを当てる場所といえば伝わるでしょうか。橋梁の工事現場は周囲から見える場所が多いので一般の人でも目…

[増田俊也] 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(上) (新潮文庫)作者: 増田俊也出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2014/02/28メディア: 文庫この商品を含むブログ (15件) を見る木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(下) (新潮文庫)作者: 増田俊也出版社/メーカー:…

蝶のように空を舞うバタフライな橋

建設が佳境を迎えている新名神。夏休みの終わりに橋梁建設現場を見学してきました。まずは芥川橋。PC橋では最も新しい形式であるバタフライウェブ橋です。ウェブに蝶の羽に似たプレキャスト部材を用いた外観は、三井住友建設が世界に先駆けて開発した構造で…

[池井戸潤] 銀翼のイカロス

銀翼のイカロス作者: 池井戸潤出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2014/08/01メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (9件) を見る 半沢直樹シリーズ第4弾、今度の相手は巨大権力!新たな敵にも倍返し! !頭取命令で経営再建中の帝国航空…

高校野球の予選に現れたマモノ

夏の甲子園が土曜日に開幕します。日本に「高校野球」があっていいなと思う季節がやってきました。その甲子園を賭けた地方予選の決勝戦で100年に1度あるかないかの大事件が起こったのです。 1イニングで9点取る確率とそれが甲子園出場がかかった決勝戦の最終…

備前♡日生大橋

キラキラネームが橋梁名にも浸食してきたのでしょうか?(笑) http://www.city.bizen.okayama.jp/busyo/kakyou/taisaku_index.html

島武意海岸

日本の渚100選にも「島武意海岸」は島武意トンネルをくぐると目の前に現れます。ぱっと見「海が濃い」、まさに積丹ブルーですね。神威岬と違って砂浜まで降りることができます。

神威岬

一度行ってみたかった神威岬。北海道の景色というと牧場の大草原などが浮かびますが海もきれいなんですよね~。札幌から車で2時間ほどで積丹半島の先端にある神威岬に到着します。強風などで入れないこともある少し険しい道を散策すること約20分、岬の象徴で…

リバティー橋

リバティー橋(北海道):「虹の橋」の目と鼻の先にある歩道橋です。道道から公民館に行くアプローチになる橋です。木目の化粧版に覆われていますが鋼桁だと思われます。

虹の橋

虹の橋(北海道):紋別市近くの滝上町にあるバブルな2階建て歩道橋です。2階部は芝ザクラを観賞する展望台を兼ねているんですね。吊橋を模したケーブルがありますが飾りのようです。その証拠にハンガーケーブルに荷重はまったくかかっていなく、外れかかっ…

瀧見橋

瀧見橋(北海道):滝上町の渓谷・錦仙峡にある上路アーチ橋はアーチリブにオシャレ線がペイントされていて興味深いです。

旭橋

旭橋(北海道):小樽市にある旭橋は欄干のデザインが印象的なアーチ橋です。

北海製罐小樽工場第3倉庫

小樽は歴史的建造物が点在する観光都市ですが、写真にある倉庫は運河側から見ると変わった形の螺旋階段が見てとれます。帰ってからググってみると螺旋階段ではなく「スパイラルシュート」という荷物を上から下に降ろす滑り台だったようです。確かに人が通れ…

函館朝市

札幌行きの電車の出発時間までの1時間を利用して一度行ってみたかった函館の朝市を覗いてきました。前日に食べ過ぎたので海鮮丼はスルーして市場の雰囲気"だけ"を堪能しました(笑)。

北海道グルメ

北海道の食べ物がおいしいのは言わずもがなですが、今回もたらふく食べてきました。漁の解禁直前だったのでウニ丼にはありつけなかったのですが、毛ガニ丼(民宿大島 2,200円)が絶品でした。 かに会席 ニシンのお刺身 ほたて弁当 毛ガニ丼 ラーメン

羊蹄山

先週末は函館と札幌に出張してきました。GWはほぼ仕事漬けだったのでこの週末は遅めのGWという解釈で少し羽を伸ばしてきました(笑)。少しずつ写真をアップしたいと思います。 「羊蹄山と一本道」の構図、北海道らしい絶景ですね~。夕方の時間帯だったので…

富士見橋

富士見橋(北海道):北の大地にそびえる単独峰は蝦夷富士とも称される羊蹄山を望むピンクの桁橋です。

白銀橋

白銀橋(北海道):単弦ニールセンローゼ橋:橋長174m(コンクリート橋部含めて全長は761m。夕張シューパロダム事業による付け替え道路ですね。三角形トラスで有名な三弦橋もこの事業で水面に沈みました。白銀橋の手前に見えるトレッスル橋もまもなく沈む運…

[鈴木おさむ] 芸人交換日記~イエローハーツの物語~

芸人交換日記~イエローハーツの物語~作者: 鈴木おさむ出版社/メーカー: 太田出版発売日: 2013/02/05メディア: 文庫この商品を含むブログ (5件) を見る 結成11年目、いまだ鳴かず飛ばずのお笑いコンビ“イエローハーツ"。これまでコンビの今後について真剣に話…