読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

BIM

お勉強


今日お客さんとの電話で「BIM」(=ビルディング・インフォメーション・モデル)の話がでました。土木の世界にもBIMの概念を取り入れつつあるのかなぁ。
あぁ、勉強することがいっぱいだぁ・・・

 BIMとはBuilding information modelingの略で、建築を形状だけでなく、性能、コスト、スケジュールなどの様々な属性を含んだオブジェクトの集合体として表現する概念だ。従来の2次元CADのように図面を作成することを主目的とするのではなく、建築全体をモデル化することにより、一つのモデルから必要なときに平面図や断面図などの図面はもちろん、コスト、スケジュールなどを自由に取り出せるとしている。 BIMを採用した3DCADとして、オートデスク社のRevit、ベントレー社のBentley Architectureが販売されているほか、グラフィソフト社が提唱しArchiCADに採用しているバーチャルビルディングも同様の概念に分類される。 このような概念は決して新しいものではなく、CADの黎明期から現在に至るまでさまざまなアプローチがなされている。ハードウェア、ソフトウェアは格段に進歩し、ここ数年設計段階での活用の試みが行われているが、従来の設計手法を大きく変える必要があり、2次元CADのような全体的な普及には至っていない。
ケンプラッツ建設IT