読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

明治トンネル


一般的には山岳地帯に道路を通すために孔を掘って作るのを「トンネル」と言います。
「トンネル」には他にいろいろな使い方があります。野球で野手が打球を捕れずに股下を通って後ろに逸らすことを「トンネル」と言います。(例:9回の坂本トンネルから同点許す) また、長い期間不振が続いた選手がそのスランプを脱すことを「トンネルを抜ける」と言ったりもします。(例:トンネル抜けた!G・大田、プロ初安打

今日は一般的な方の「トンネル」、日本で最初の有料トンネルのご紹介です。先日紹介した新東名高速の現場見学会の前に立ち寄った場所です。


宇津ノ谷隧道(別名:明治トンネル):1876年(明治9年)年、初代トンネル完成。日本で最初の有料トンネルだそうです。現在のトンネルは明治36年に赤レンガで修復されたものです。



そうそう、4連敗中だった阪神タイガースも昨日の試合で勝ってトンネルを抜けましたね!