読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

矢野さん引退セレモニー


今季甲子園最終戦でかつ矢野さんの引退セレモニーの試合を運良く会社の虎メンバと現地観戦。直前に一軍選手登録されたので、たとえば最終回2アウトランナーなしで城島と交代した矢野さんが数々の修羅場を越えてきた球児のまっすぐを受けてみごと引退試合を勝利で飾る。マウンドで抱き合う球児と矢野さん。。。を想像してたけれど。ぴりっとしない球児は連続四球。次の打者は、2007年10月7日広島佐々岡の引退登板のときにHRを打ったあの村田*1。一方マウンドの球児は2008年10月20日、中日とのクライマックス1回戦3戦目、8回無失点好投の岩田の後を継いだものの9回ウッズに決勝HRを打たれてその日岡田監督が辞任した*2。2つの記憶がマウンドで交差する。まさか今日に限って・・・と思ったけど。勝負の世界にたらればは禁句ですけどね。一番悲しい思いをしているのが球児本人だと思うし。10回成功しても1回の失敗が記憶されてしまう悲しい職業であり球児たる所以かな。


ともあれ矢野さん、20年間おつかれさまでした。また甲子園であいましょう。


 今季限りで現役を退く阪神の矢野燿大捕手(41)の引退セレモニーが30日、甲子園球場での今季最終戦となった横浜戦後に行われた。大型ビジョンに数々の名場面が映し出され、満員のファンから引退を惜しむように声援が送られた。
 矢野はこの日に出場選手登録されてベンチ入りし、九回2死から出場する予定だった。だが、九回に藤川球が逆転の3ランを許し、出場機会はなし。それでも矢野は「いままで(藤川)球児にどれだけいい思いをさせてもらったか。どれだけ幸せをもらえたか。誰も文句を言うわけがない」とかばった。
ページが見つかりません - SANSPO.COM

 

*1:本塁打のタイトルがかかってたから仕方なかったけどね

*2:[http://d.hatena.ne.jp/ysdk1/20081020/p1:title]