読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

自分にしかできない、仕事がある

言葉


NHKプロフェッショナル第150回「自分にしかできない、仕事がある」を見て。


女性起業家と言えば以前情熱大陸で山口絵理子さんが取り上げられていましたが、今回の渡邊さんも、社会問題の解決とビジネスの両立を目指す“ソーシャルビジネス”のパイオニアの1人だそう。


渡邊さんはカンボジアでオーガニックコットンを利用した製品の生産を計画していた。現地のパートナーであるトーンさんは以前農業を営んでいた。辺り一面に地雷が埋められていたところをトラクターで耕している最中に対戦車用の地雷を踏んでしまい片足を無くし、一緒にいた弟は亡くなった。


「本当に貧しくて、どうにかしなければ食べていけない。だから地雷原だと分かっていても畑を作らなければならなかった」


このトーンさんの言葉は衝撃でした。地雷は戦中よりも戦後においても人々を苦しめるのは分かっていたけど、貧しさの継続よりも危険な場所での農作業というリスクの先にある希望を選択する現地の人たち。そんな彼らを「援助する」側と「援助される」側の上下関係ではなく、対等なパートナーという立場でビジネスを作っていく渡邊さんの生き方に心から感動しました。