読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

悩める営業マンにお薦めする3冊


3月9日の夜、出張中のYasuは東京で本社のKさんら4人で飲んでいました。最近の本社の話題や仕事の話で盛り上がっていたのですが、会社の最年少営業マンのSくんが「最近、本読もうと思ってるんですけど、何かいい本ないですか?」と聞いてきました。彼が今読んでるのはフェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)らしいです。他にもいろいろ読みたいけどどんな本を読んだらいいかよくわからないとのこと。そこでKさんが仕事に関する本を2つ紹介してくれたんですが、それは偶然にもYasuも読んだことがあって好きな本だったのでなんか嬉しくなったのです。
それがこの2冊です。

千円札は拾うな。

千円札は拾うな。


「千円札は拾うな。」は自分を成長させるために必要な考え方を社会常識とは真逆の考え方で、「勤勉は悪」「人材は育たない」「本郷猛を鍛えてはいけない」など刺激的な表現で教えてくれる本です。「V字回復の経営」は経営コンサルタントの著者が実際に経営再建に関わった経験を小説仕立てにした企業小説のベストセラーです。アマゾンのカスタマーレビューでも評価が高いです。


そしてKさんが教えてくれたビジネスマン向け自己啓発本の名作がこれ。

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?

仕事は楽しいかね?」初めて聞いた本でした。飲み会後早速ネットで調べると確かにありました。後日買って読んでみました。人生の究極の目標は「明日は今日の自分よりよくあること」というシンプルを、ある空港での出来事を通して書かれていました。Kさんもこの3冊からいろいろ勉強したようですが、この「明日は今日の自分よりよくあること」だけは実践できなかったと言ってました(笑)。今日できなかったことや避けたことは明日も同じように避けて通るのが“人の姿”なのでしょうね。自分に置き換えてみてもなかなかできないことだと実感します。でも心にしっかり刻んでおきたい言葉ですね。


この機会に「千円札は拾うな。」と「V字回復の経営」も積み上がった本山の中から探し出して再読してみました。

[デイル・ドーテン] 仕事は楽しいかね?
[安田佳生] 千円札は拾うな。
[三枝匡] V字回復の経営