読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

AutoCAD WSが3Dビューに対応


設計図面をクラウドで利用できるサービス「AutoCAD WS」が待望の3D表示に対応しました。
ただし現状はモバイル版限定のようです。少し試してみたのですが、橋梁のよう大きいモデルを読み込むとうまくいきませんでした。DGWの場合ファイルサイズで3MBくらいが表示できる限界のようでした。

まず、おさらいから。AutoCAD WSを試してみた


試した手順

  1. 橋梁の3Dモデルの一部をCADデータに出力(DXFまたはDGW)。
  2. デスクトップのウェブブラウザより、AutoCAD WSのサイトにアクセスしてログイン。
  3. CADファイルをアップロード。
  4. iPadまたはiPhoneのAutoCAD WSアプリを起動して、ファイルを開く。


下の例は、iPad2でAutoCAD WSアプリで表示した画面キャプチャです。

鋼床版3Dソリッド表示 鋼桁3Dソリッド表示
3Dフレーム表示 3Dソリッド表示


3D表示の状態では寸法計測などの機能は使えません、ちょっと残念。今後の機能アップに期待しましょう。


参考サイト
AutoCAD WS

AutoCAD操作説明書(ブログ)
AutoCAD WS の使い方