読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

石巻工業野球部


TBS情熱大陸の石巻工業高校野球部監督、松本嘉次さんの回を見ました。

野球経験のない松本監督ですが、教育者の側面からくる言葉にぐっときました。

人間性を高めれば野球はうまくなる/世の中の仕事はほとんど雑用。雑用を好んでやれるような人間になれ/高校の先生は、(生徒に対して)出口をしっかりしてやらないといけない


野球部が石巻を出発して甲子園に着く前に練習で立ち寄った球場で、監督の話しが印象的でした。震災経験によって、以前は「無限」にあるものと思っていたものが、実は「有限」であることを実体験したことで、選手が得たものがあると。

去年の今頃は生きるのに必死でした。明日を迎えることができるのだろうか。当たり前に食べていたご飯とか水であるとか。そういうものがない中で明日どうやって生きよう。明日どうやって過ごそう。その中で一人一人が目標設定を持つことが上手になりました。その中で何かつかんだものがこの選手たちにはあったんだと思います。


1回戦で敗退したものの、九州王者を一時は逆転した粘りは見事でした。「夏帰ってこいよ」、「戻ってこいよ」と相手スタンドからの声援に、きっと応えてくれるでしょう。感動をありがとう!!

 東日本大震災から1年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には、苦しくて、心の整理がつかず、今も当時のことや、亡くなられた方を忘れられず、悲しみにくれている方がたくさんいます。

 人は誰でも、答えのない悲しみを受け入れることは苦しくてつらいことです。

 しかし、日本がひとつになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう、日本の底力、絆を。

 我々、高校球児ができること、それは、全力で戦いぬき、最後まであきらめないことです。今、野球ができることに感謝し、全身全霊で、正々堂々とプレーすることを誓います。

 平成24年3月21日

 選手代表 宮城県石巻工業高等学校 野球部主将 阿部翔人
http://mainichi.jp/senbatsu/archive/news/2012/03/20120321dde001050055000c.html