読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

東京五輪と桧山引退

東京にオリンピックがやってくる!

 朝6時半ごろ目が覚めてスマホのトップ画面に速報が届いていて「イスタンブール」って文字が見えたので、あ〜あかんかったか・・・と詳細を確認したら「イスタンブールを下し」て東京に決定したとの結果を確認しました(笑)。生きている間に日本で夏のオリンピックが開催されるとか考えたこともなかったけど、日本中が大きな目標を共有して歩む7年間は変え難い経験かなと思います。被災地の復興も7年というマイルストーンで加速していくといいですね。
 しかし最終プレゼンで見せたアスリートのプレゼン能力は半端ないですね。英語で堂々と身振り手振りを交えてのスピーチは大舞台で結果を残す強心臓と普段のマスコミ対応で鍛えられてるのかな。日本を背負った営業マンが3兆円の商談を勝ち取ったようなもんですから。お見事でした。

 
2020年「東京五輪」に決定 2013.9.8 05:20
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130908/oth13090805200021-n1.htm


桧山選手の引退

 東京五輪が決まる半日ほど前、大阪では桧山進次郎選手の引退会見がありました。暗黒時代の4番を打つなど苦しい時代を支えてくれました。やり残したことは?の質問に「日本一かな」と答えた桧山さん。クライマックスで讀賣を倒して花道を飾ってほしい!引退試合と思われる10/5の讀賣戦チケット残ってるか一応調べてみたけど完売でした(^^;)。

  桧山は京都・平安高(現龍谷大平安高)から東洋大をへて、1992年にドラフト4位で阪神に入団。シュアな打撃で4年目からレギュラーに定着した。2006年以降は勝負強さを生かして代打での起用が増え、「代打の神様」の愛称でファンに親しまれた。今季も全て代打で43試合に出場し、37打数8安打の打率2割1分6厘、9打点。

 代打通算156安打、同14本塁打、同107打点はいずれも球団記録。シーズン全試合出場を2度、同打率3割以上も2度、同2桁本塁打は7度マークしている。通算記録は1945試合出場で打率2割6分、159本塁打、703打点。(記録は6日現在)
桧山が現役引退 阪神一筋22年「代打の神様」2013.9.7 11:27
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130907/bbl13090711320003-n1.htm

■阪神・桧山の話「毎年いつ引退するかという気持ちで臨んでいた。ほっとしている気持ちがある。家族に最初に伝えた。みんなに感謝の思いでいっぱい。(代打で浴びる)あの歓声は誰でも味わえないし、幸せ者だなと思う」