読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

清原引退試合

雑記 会社 野球

昨日で上半期が終わりました。部署成績は、対前年比でいくとV字回復といってもいいくらいの好決算でした。みんなの力を結集できた成果です。冬のボーナスに若干ですが反映されることと期待します(笑)
さて、下半期のスタートです。今年の10月1日はというと、阪急百貨店と阪神百貨店が合併して「阪急阪神百貨店」が誕生し、松下電器産業株式会社がパナソニック株式会社に社名変更しました。創業者の名前がついた社名を変えるのは相当な勇気と決断があったでしょうね。社名変更にかかる経費がナント400億円、ケタが違います。
「ノスタルジーに浸るより、国内外での成長の可能性にかける」こういう決断を下せるのが本物の経営者と思いますね。


昨年の10月1日の記事は・・・

タイガースがやっとのクライマックスシリーズ進出を決めた今日は10月1日。世間では上半期決算が終わり下期のスタートであり、クールビズも終わりネクタイ出社の人々が増え、社員24万人の「日本郵政株式会社」がスタートし、阪急百貨店と阪神百貨店の持株会社「エイチ・ツー・オー・リテイリング株式会社」が発足し、福田首相所信表明演説で「自立と共生」を強く訴えたました。忙しく過ごしていると世の中の変化に鈍感になりがちですが、みなさん、負けないように頑張りましょう!
http://d.hatena.ne.jp/ysdk1/20071001


そういえば、麻生新総理の所信表明演説が9月29日にありました。あの独特の言い回しは凄みがあります。福田さんの低姿勢を一転、強気姿勢で民主党に迫っていましたね。挫折を知らない坊ちゃんとの評判もありますが、「そこのけそこのけ麻生が通る」お山の大将的なキャラも、成功すれば小泉さんにも負けないキャラになるかも知れません。単純に小沢さんより明るいのはいいですね。


また今日は清原和博の現役引退。ひとつの時代が終わったと言えるでしょうか。会社のKさんがバックネット裏のいい席で観戦してたぁ。うらやましいっ><。写メ送ってくれたけど、M1王者漫才師ますだおかだの岡田の後ろ姿て・・・。出たっ!閉店ガラガラ! イチローとか金本の写真送れっつーの(笑)

  • 通算サヨナラ本塁打:12本
  • 通算サヨナラ安打:20本
  • 通算死球:196個
  • 通算三振:1944個
  • オールスター:通算打率.365、通算打点34、通算得点:26、通算塁打:96

これらは清原が持つ日本記録です。このほか高卒最多本塁打31本なんかは2度と破られない記録でしょうね。

「来世、生まれ変わったら必ず同じチームでホームラン競争をしよう」

ソフトバンク王監督が清原に贈った言葉。ドラフト後の確執も言われた2人ですが、さすが王さん、最後に粋な言葉をかけますね。名セリフとして語り継がれるでしょう。

中日の落合監督が、新入団選手にかける言葉は「引退できる選手になれ」だそうです。大部分の選手は球団から戦力外通告によってクビになります。いわゆる自由契約です。(今日楽天も沖原や高波など8選手に戦力外通告をしました)。任意引退とは選手自らの意思で決めることができます。任意引退できる選手は10〜20人に1人くらいでしょうか。


とにもかくにも23年間、おつかれさまでした。