読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

大関、琴奨菊

雑記

ことしょうぎく殿、大関昇進おめでとうございます。相撲はあまり見ないのでよく知らなかったですが、大関昇進のニュースを見て、もしかしてYasuにそっくり?他人とは思えない気がしてきました(笑)。



NHKのインタビューで「相撲やめたら、ただのデブなんで(笑)、人間的にも大きくなりたい」と、オチャメな一面も。琴光喜以来、4年ぶりの日本人大関だそうで、ぜひがんばって欲しいですね。

 大関昇進が決まった琴奨菊の口上に使われた四字熟語は「万理一空」でした。

 ◆万理一空(ばんりいっくう)の意味

 宮本武蔵が長年の修行で到達した精神的境地で、著書の「五輪書」では「山水三千世界を万理(里)一空に入れ、満天地とも攬(まとめ)る」と動揺せずに冷静であることが望ましいという心の持ちようを説いた。「どんなに遥か遠くまでいっても、空は1つしかない。すべてのものは1つの世界にとどまっている」の解釈から、現在では「目的、目標、やるべきことを見失わずに励む、頑張り続ける」の意味で使われることが多い。元プロ野球選手の桑田真澄氏の座右の銘でもあり、日本ハム斎藤佑樹投手に渡した色紙にも書かれていた。
「万理一空」とは…桑田真澄氏の座右の銘 - 大相撲ニュース : nikkansports.com