読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

富山大橋(2代目完成)


富山大橋(富山県):8径間連続箱桁橋:橋長466m、最大支間長61m。北陸出張で近くを通るたびに気になっていた2代目富山大橋も3月に開通しました。初代富山大橋(鋼ゲルバー桁橋)は昭和11年完成。慢性的な渋滞および老朽化の進行により今回新橋に架け替えられました。幅員も倍近く広くなり中央に路面電車が走る市民に親しまれる橋に生まれ変わりました。3年前の記事はこちら。下の写真は時系列に並べたものです。



(写真上:2012.6 中:2009.12 横取り準備中 下:2009.6 送り出し中)

左側(上流側)が旧橋、右側が新橋です。


景観に配慮してブラケットも曲線で作られています。


3本主桁ですが中間支点は横梁構造にして支承を2つにしています。継ぎ手は現場溶接なのできれいな主桁ですね。


テンポよいリズム感の桁高変化の曲線は立山連峰(写真とは逆方向)の山並みに相まっていい感じですね。