読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

自分のスタイルを変えること

今日は勝てば3位&CS進出決定の試合でしたが、黒田に完璧に抑えられ6-0の完敗、CS進出は7日の広島中日戦の結果待ちとなりました。

また、関本選手の引退試合でもありました。藤浪の涙、福原の涙いろいろ思いの詰まったシーンでしたね。場内一周では広島ファンもタオル振ってくれてて、勝利した余裕もあったとはいえ嬉しいシーンでした。

引退セレモニーできる選手はほんの一握りであるしホント幸せ者ですよね。実力もそうですが運ひとつで野球人生変わるし。誰にも見送られることなく去っていく人が圧倒的に多い世界。

関本選手の場合は、入団後に大きなホームランを狙う自分のスタイルが通用しないことに気付いて、バンドなどの小技で生き残る道を選択し、努力して、阪神タイガースに欠かせない選手として19年間活躍してきました。二塁手の連続無失策記録や1試合4犠打の記録を残したことが証明してますよ。

プロ野球選手」は子供のころの「夢」であり、入団したらしたで「職業」に変わるわけよね。学生時代の自分のスタイルを頑なに守って追い続けてもがくのか、通用しないと感じたら生き残る道を試行錯誤して自らを変えていくのか。

プロ野球選手で「い続ける」ためにはどうすべきなのか?

学生時代のお山の大将がプロに入ってもがき苦しみ「超二流」に上り詰めていくストーリーも人間ドラマがあって素晴らしいと、関本選手の引退セレモニーを見ながら感じました。19年間おつかれでした。またコーチで戻ってきて下さいね。