読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

コリジョンルール

野球

昨夜の阪神巨人戦コリジョンルールが適用され、ホームアウトでチェンジの判定が審判団の協議により覆ってしまいました。

背景

コリジョンルールは本塁でのキャッチャーとランナーの衝突を避けるために今季から導入されたルールです。このルールの本質は選手の無用なケガを防ぐことにあると思います。
昨季まで得てしてキャッチャーはホームベースのタッチ面積をいかに少なくするかがよいとされて、ひどい場合はベースの上に座り込んでしまうようなこともありました。ホームを狙うランナーは滑り込むスペースがないので仕方なく頭からキャッチャー目がけてタックルしてキャッチャーミットからボールがこぼれたらラッキーというような走塁になることが少なからずありました。
ヤクルト戦でマートンが何度かキャッチャーを病院送りにしたし、WBCでは侍JAPANの川崎がホームに手から滑りこんだけどその瞬間にキャッチャーの体重が腕に乗っかってケガしてしまったり。

抑止力

そこでコリジョンルールの登場です。「もうタックルはしませんから、ホームベースは隠さないでね」という紳士協定です。このルールを導入した時点でほぼ目的を達しているのです。コリジョンルール導入自体がもう『抑止力』だから。「キャッチャーもランナーも無茶したら損するよ」という効果がありますから。開幕からまだわずかですが本塁での衝突はほぼありません。審判は悪質なものだけを取り締まればいいのです。
そこで昨日のプレーですよ。センター大和のこれぞプロという素晴らしいホームへのストライク返球、タッチアウトでチェンジ。さあ阪神の攻撃です。いい流れじゃないですか。ホームベースはがら空き、ランナー小林はキャッチャー原口の動作によって走塁に影響を受けたわけでもなくがら空きのホームベースに滑り込んだだけ。これをアウトにする必要性がわかりません。昨季以前では100%アウトのプレーです。悪質でもなんでもない。

木を見て森を見ず

昨日の審判団は「木を見て森を見ず」、まったくプロスポーツの精神を理解していません。所詮興行です。よいプレーには多少判定にプラスの作用があってもいいんじゃないの。「コンプライアンスが企業をダメにする」理論と同じですね。ホームでのクロスプレーは野球というスポーツのもっとも興奮する瞬間です。それが行き過ぎたコンプライアンスによって興ざめするようなシーンが増えては興味も半減です。

コリジョンルール導入の精神に立ち戻って、よりよいクロスプレーを生むように工夫してほしいです。


◆杉永責任審判のコメント
「その場で球審コリジョンと判断せず、まずはアウト、セーフのジャッジをすることになっています。ルールに従い、その後審判団で集まりVTRを見た方がいいだろうと協議しました。高橋監督が抗議に来たからではありません。高橋監督には今からVTRを見ますと伝えました。検証の結果、原口捕手は最初から空けておかないといけない走路に立っていました。走路を空けるのは前でなくても構いません。たとえば、ジャンプしないと捕れない送球で走路に入ってしまった場合とは、違ったという判断です」


コリジョンルール】
 本塁での衝突(コリジョン)を避けるため、プロ野球では今季から導入された。走者が故意に捕手に衝突しようとした場合はアウトになり、捕手または野手が走路および本塁上で走路をふさいだり、ブロックすると、セーフとなる。ただし、捕手または野手が守備をしようとして走路をふさいだが、審判員が「捕手または野手が走路をふさがずには守備できなかった」と判断した場合は、適用されない。タッチプレーの際、捕手はホームベースの前に立たなくてはいけないことは、開幕前までに12球団に通知した。審判員は悪質な衝突をした走者や、本塁上でブロックした捕手または野手に警告を与え、危険極まりない衝突だと判断された選手は退場になる。



【大リーグでは】
 メジャーを代表する捕手ポージー(ジャイアンツ)が本塁クロスプレーで重傷を負ったことがきっかけとなり、14年からコリジョンルールを導入した。当初は曖昧な基準に現場の監督や選手は困惑し、この年は本塁の判定を巡り92回のチャレンジがあった。その後、大リーグ機構は判断基準の明確化に努めて徐々にトラブルは減り、15年のチャレンジは27回に減った。

伝統の一戦で適用 金本監督激怒/コリジョンまとめ

最近読んだ本

読書

夢幻花 (PHP文芸文庫)

夢幻花 (PHP文芸文庫)

東京五輪時代の大量殺人事件、バンド仲間の自殺、祖父の殺人事件、黄色い花の謎。時代の異なる複数の事件がミステリー感を増していて面白かった。語りたい結論があって、逆算して物語を描くのだろうけど、さすがの東野圭吾。何気に原発問題にも切り込んでいたな。負の遺産も誰かが受け継いで守って(管理して)行かねばならないと。


ザ・町工場

ザ・町工場

大田区の町工場のダイヤ精機創業者急逝で突然主婦から二代目社長となった女将の奮闘記、 第二弾。「この規模の会社の多くの問題はコミュニケーションによって解決する」という言葉は正しく本質だろうなと共感。職人気質の世界の技術伝承の難しさの一方で新世代との融合作業はやりがいは大きい。採用でブレない基準の大切さ、去る者は追わずの覚悟。社長は太陽でなくっちゃ。


十二番目の天使

十二番目の天使

これは泣くでしょ。大人の世界は後ろ向きな話に満ち溢れているけど、ティモシーのように無邪気に前向きなオーラは周囲にそれは大きなプラスの力を放つことになる。明日枯れる花に水をやる精神、一日を精一杯に生きるというありふれた言葉を噛み締める読後感。見返りを求めない愛のなんと尊いことか。ヤクルト真中監督の愛読書でもあるらしい。


サブマリン

サブマリン

陣内、ブレてないね。人が犯す過ちと許し。伊坂さんらしくない?重いテーマを扱った作品。


中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)

中国4.0 暴発する中華帝国 (文春新書)

逆説的論理、大国は小国には勝てない、線的な予測という誤り、大国は2国間関係を持てない、情報のフィードバックシステムの有無、変数とパラメータ、などなるほどと言うようなキーワードが多くて興味深く読めた。あらゆる危機を想定して、いざという時に即行動できる準備をしておくことの大切さを理解できた。

[伊坂幸太郎] サブマリン

読書

サブマリン

サブマリン

『チルドレン』から、12年。家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。


家裁調査官の陣内と後輩の武藤との掛け合いが前作「チルドレン」同様に心地よい。本作の中心を貫いているテーマは「罪」と「許し」。非常に重いテーマは「重力ピエロ」以来かな。

「すまん。名前のことを茶化したのは俺が悪かった」と手を合わせ、隣の少年を拝むようにした。どんなに負け戦でも粘りに粘り、結果として引き際を失うのが常の陣内さんも稀にこうして潔い。

木更津安奈がこれまた捉えどころのない女性で…、何かといえば、「そこまでする必要がありますか?」が口癖の人物であった。世の中の大半のことは、「そこまでする必要がある」とは言い難く、それを言い出すよなら古代エジプトの建築物も科学の進歩も否定されかねない。

ましてや、会ったこともない誰かが、ニュースの情報だけで、少年の気持ちを言い当てることは難度が高い。とはいえ、その気持ちもまた否定することもできない。社会の人の心は、「きっと」と「どうせ」で溢れている。

彼女もこの仕事の経験上、親の不仲や不在、もしくは暴力が、子供に与える影響は確実にあるとわかっているのだろう。立派な親とは、立派な時代が存在しないのと同様に存在しない。

陣内さんは足元に目を落とし、しばらく黙った。「昔から、時間が和らげない悲しみなどない、と言うけどな」時間が薬、とは時折、耳にする言葉だ。「嘘ではない。その時間がどれくらいなのかは人それぞれなんだろうが。反対に、時間でしか解決できないことはたくさんある」そう言う陣内さんは、自身の経験から語るようだった。

誰かの大事なものや大事な人を、馬鹿にして、優位に立とうとする。自尊心や命を削ろうとする。そういう奴と同じになるなよ。そいつが誰かに迷惑をかけてるならまだしも、そうでないなら、そいつの大事なものは馬鹿にするな。

「武藤、別におまえが頑張ったところで、事件が起きる時は起きるし、起きないなら起きない。そうだろう?いつもの仕事と一緒だ。俺たちの頑張りとは無関係に、少年は更生するし、駄目なときは駄目だ」

「別に悪いことじゃねえんだよ。身勝手で臆病なのは、動物の正しいあり方だ。それを認めた上で、どうやって、それなりに穏やかな社会を作るかだ。フールプルーフってあるだろ。人が間違えた時に危ないことにならない仕組み」

「自暴自棄になって、こういう事件を起こす奴はどうして、子供だとか弱い奴らを狙うんだ?どうせ人生を捨てるつもりで、暴れるなら、もっと強そうで悪そうな奴をどうにかしようと思わねえのか?これは別に、茶化しているわけじゃねえぞ。本当に気になるんだよ。別に、正義の味方になれ、とは思わねえけど、どうせなら酷い悪人退治に乗り出すほうが、いろいろ逆転できそうじゃねえか」

サッカーで失点に繋がるミスをした選手が、後半に二点取って、挽回することはできる。ただ、おまえの場合はそうじゃない。何をやろうと、挽回はできない。人の命は失ったら、戻らないからだ。奮起して、あとで何点取ろうと戻ってこない。取り返しがつかないことってのもあるわけだ?

まだ子供になのに、と思ってしまった。まだ子供なのに、自分の人生を左右する判断を自ら行わなくてはならないのだ。棚岡佑真に限らない。僕たちが仕事で向き合う少年のほとんどはそうだ。人生経験のそとんどない中で、大事な選択をしなくてはいけない。何を喋り、何を隠し、何を目指し、何を遠ざけるのか。親や弁護士のアドバイスに従うことはできるが、最終的に決めるのは自分だ。酷だ、といつも思う。大人にだって正解の分からない問題に答えなくてはいけない。

棚岡祐真はどうしてこんな目に遭わなくてはいけなかったのか。両親を交通事故で亡くし、友達も事故で失った。そして今度は自分が人を死なせてしまった。無免許なのだから自業自得、といえばそうだが、それにしても、もう少しどうにかならなかったのか。
誰に比べて、というわけではないが、明らかに不公平じゃないか。誰かに物申したい、少なくとも、問い合わせたい気分になる。どうしてこうなっているんですか。どうにかならなかったんですか。クレームではないんです。教えてほしいだけなんですよ。

そのことを理由に僕たちが、あえて重い処分にしようとは思わないが、ただ彼本人が、「自分はちゃんと償ったんだ」という実感を持つことは重要に感じられた。前に進むためにはそのほうが良いこともある。

最近読んだ本

読書

望郷 (文春文庫)

望郷 (文春文庫)

「石の十字架」、「光の航路」か良かった。後書きによると作者の故郷、因島が舞台だそう。因島大橋が所々で登場する。閉じた社会で人間の残酷さが起こすいじめ、一方で救うのもまた人間であったり。どこまでが作者の実体験か分からないけど、まったく実体験じゃなくもないだろうし。



カエルの楽園

カエルの楽園

3分の2読んだあたりで結末は予想できた。この作品書くひとならこっちの展開で終わるだろうなと。あるひとは憲法9条が日本を戦争に巻き込まれなかった最大の立役者という。いや、日米同盟のおかげだと反論するひとがいる。起こったことの理由を述べるのは容易いが、起こらなかったことの理由は所詮いくらでも作れる。問題の難しさがここにある。過去70年が無かったこととしてゼロベースで今後の国のあるべき姿を起していく作業があってもよいかも。



経営者の最大の仕事は後任社長を誰にするか、このことを痛感させられる。またどんな会社にも必要なのは「エース」。この人で負けたらしょうがないといえるエース。好き嫌いで決まるトップ人事、権力闘争、もう悲惨すぎて言葉にできない…。復活を期待してる。



HARD THINGS

HARD THINGS

「答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか」会社のトップとしての気構えや、トラブル対応、などなど非常に勉強になる本でした。



境遇 (双葉文庫)

境遇 (双葉文庫)

親が不明な児童養護施設出身の2人の女性が主人公。境遇とは自身が選択した結果ではなく抗うことのできない運命を意味すると思うし、主人公の2人は境遇を乗り越えて幸せを掴んで欲しい。最後のどんでん返しはなくても良かったのかも。筆者にしてはアッサリな感じもした。