読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

ドラフト会議2011



秋の風物詩、プロ野球ドラフト会議がありました。
阪神は慶応大学の伊藤隼太を単独1位指名しました。大学日本代表の4番打者で、阪神でいうと桧山タイプらしいですが、鳥谷くらいの主軸に育ってほしいですね。


今年の目玉、大学ビッグ3は明暗分かれました。G原監督の甥っ子、東海大・菅野投手は相思相愛の読売の単独指名と思ったら、日本ハムが横やり。抽選でその日ハムが交渉権を獲得しました。日ハムはドラフト強いね。去年の斉藤に続いての抽選勝ちです。ニュースで見たけど日ハムがクジ引きで当てたときの会場の大きな拍手はなんだったんでしょうか?
菅野は進路をおじさんのG原監督に相談するのでしょうが、たぶん日ハムに入団するんではないのかな。原さんは遠回りを進めないと思うのです。

明治大・野村投手は地元広島カープが指名、東洋大・藤岡投手はロッテが3球団抽選で引き当てました。中日は立浪二世として東海大甲府高・高橋野手を3球団抽選で交渉権獲得しました。


今回のドラフトの最大のサプライズは、日ハムが7位で指名した硬式野球未経験の早大ソフトボール部の選手でしょう。また思い切ったことをやりますな。菅野を当てた余裕でしょうか。入団後も話題の選手となるでしょうね。