読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yasublog

本、土木・橋梁、野球、お笑い、などについて書いてます。

若洲側下部トラス一括架設


東京港臨海大橋若洲側下部トラス一括架設の当日、早朝6時55分に若洲公園に到着しました。富津浜出しでは公式発表予定より2時間半早い吊り上げだったのでちょっと頑張ったのです。良かった良かった、まだ浮いてなくて(笑)。


富津港の巨大構造物・完結編」の浜出し作業と手順は似ています。今回の作業は、
(1)トラス吊り上げ→(2)作業船バック→(3)台船退避→(4)作業船前進→(5)トラス吊り下げ→(6)橋脚上に設置

あまりぐだぐだ書いても仕方ないので撮ってきた写真を見てけろ!

徐々に吊り上げられるトラス










トラスのディテールとか








トラスと職人とギャラリーとか













(1)のトラス吊り上げ作業も細かく分けると、吊り上げ準備、1m吊り上げ、設置面の塗装、15m吊り上げとなります。この間約2時間。昼から会社に行かないといけなかったので9時までの見学で、ちょうど12mくらい浮いた状態で現場をあとにしました。本当は一日休みを取って、富津の時よりも多いであろう関係者の方にいろいろと話を聞きたかったんですけど(><)。その後も無事架設作業を終えたようですね。さすがです。なにわともあれ関係者のみなさま、おつかれっした!

この工事最大の見せ場は終わりましたが、このあとトラス上での単材架設に入っていきます。その後も2500トンの一括架設、最後の1600トン落とし込み一括架設と続きます。完成に向けてまだまだ絶賛工事は続きます!

富津の浜出しと若洲の架設は自費出張見学だったのでしばらくは節約生活になります!飲みのお誘いはその辺のところよろしくね(笑)!